ゆーちゃんぶろぐ。

少しずつ、少しずつ、なりたい自分になるために。- lento pero seguro-

目指せ海外実業家ゆーちゃんの箱根旅館3日目

2/3/土曜日
箱根の旅館、強羅館にて勤務3日目

今日は寒すぎて5:30に起きるという荒業をしてしまった。朝起きて暗いというのはなんとも不思議なことだ。
仙台生まれの僕でも箱根はかなり寒い。朝の貸切温泉が日課になってきたようだ。なかなか良い1日の始まり方だ。7:30に帳簿のとこで若女将を待つ。来ないからすこし体を温める目的で筋トレする。こない。うーん、さてなにしよう。昨日は一発目雪かきをした。だから雪かきをしようかと思い外を見る。雪が組合の方が退けてくれたようだ、ありがとう。長いものに巻かれた恩恵がこれか?
次にトイレとお風呂周りのゴミ、じゅうたん、ドライヤーなど点検をする。
びっくりしたこと‼️それは着物が桶にブッ込んであった。着物で温泉に入ったのだろうか?いやいや水着だと思っているのだろうか。おもしろいなあ。
点検終わり、キッチンにいく。8時に朝食を召し上がるのでそれに向けて、サーブと食器洗浄する。食器片付けも。
8時になり、続々とお部屋食のあおい以外はレストランに集まってきた。夢殿の布団上げいってきます、とかなりでかい声でいった。そしたら横野さんにお客さんに聞こえるじゃないか?と。なるほど、デキる男は声を調節するとはこのことか。元気がいいって良ければいいわけでもない、ここはお祭りではない。状況によって、自分の能力を出し引き出来るそれがデキる男なのか。
僕たちの部屋は8室しかない。3回に5つ、2階に3つだ。3階は大文字、明神、明星、八汐、思い出。2階は葵、珊瑚、夢殿。60.61.62 八汐、思い出,50.52.53という謎の数字でも呼ばれる。八汐と思い出だけ、数字がなく、51もない。これは強羅館七不思議だ。そしてこのブログがきっかけでこの旅館が有名になるかもしれない!!!それもいいなあ。仕事をしているといい影響を受ける、自分のパラダイムがいい脚本づけ?されているような、君主のパイダイムに沿っている、自然の法則に従っているような気がする。
朝食を召し上がっている間に、布団上げをする。もし早めに食べおわって戻ってきたらゲームオーバーだ。これは時間との戦い。僕は三つの目をもっている。我の見、離の見、離見の見だ。簡単に説明すると、自分の世界観、相手の世界観、上から俯瞰的にみた全体像であるbird eyes だ。布団上げをするときも

 

ゆーちゃん流デキル男のcapability 1.

→段取り力。

 

→これは主に今申し上げたバードアイを持って、全体の骨組みを押さえるということだ。そして、物事の優先順位を決めるということでもある。
具体的にいうと、朝食を召し上がっている間に布団上げと朝のお茶出しをする。
すること
・レストランにお客さんがいることを確認する→テーブルに部屋の名前が書いてあった理由がやっとわかった。離の見。better-名前を書くと良い。なぜなら強羅館の強みの一つは8室しかない行き届くpersonal service だ。そのお客さん一人一人に対する奉仕だ。パーソナルサービスの具体例が名前を使うということだ。部屋の名前でお客様を読んだりするのではなくて、名前で呼ぶ。そして得た顧客情報をみんなでシェアする。猫が好きなら猫の器を準備するなど。これがチームワークがなければできない。みんなが同じ方向を向いてゴールを目指さなきゃいけないユウジ丸だ。船のことだ。ポイントは運命共同体ということだ。
・キッチンから部屋の人数分のお茶を持っていく。マスターキーも持つよ。
・部屋に忍び、お茶を玄関におく。
・カーテンを白いレースを残してひらく。→朝は開放感いいでしょう。
・布団の襖をあけて、次の導線を作っておく。まずは何事も土を耕すことから始めるのだ。
・シーツを全部脱がせる。→あとで仕分けしやすくするために包皮、シーツ、まくらでまとめる。→次の導線。
・ふとんをまとめてたたむ。
・押入れにしまう。
・テーブルを元の位置になおす。基本は畳と平行に。8だか10畳の時は横。なんか広さによって変わるらしい。初めて部屋の広さを表すのに〇〇畳という表現をすることを理解した。この意味はスペイン語言う所の、 saber —>conocer の学びだ。
どちらとも 英語で言うknow という意味だが、サベールは(知識として)知っている。コノセールは(体験を通して)知っている。多分あなたはハワイを知っているだろう。でも行ったことがない人も多いと思う。そんなあなたはハワイをサベールだし、行ったことある人は自分の体験を通して実際に行って知っているのでコノセールだ。
そんな意味で、ぼくは部屋の広さを表す単位としての畳を知った。僕は世界をコノセールにしたい。自分の目でちゃんと見て、自分の頭で噛み砕いて咀嚼して、丸ごと頂く。

 

ゆーちゃん流デキる男のル2. 次の動線を常に考えておくこと。それは仕事というのはシナジーである。シナジーを簡単にいうと、1+1=2にとどめるのではなくて、1+1=3にも10にもしちゃおうじゃないかという考えだ。それは自分の強みを(旅館での僕だったら、

Capability              Production
・男→力がある. →重たいスーツケースをエレベーターがない旅館でも2.3階に運べる。背景として、強羅館は歳をとった女性が働いている。
・英語力→ 外国人客がかなり多い、7.80パーセントという状況で正確に案内と困った時に助けることができる。たとえば、コンタクトレンズの洗浄液がどこにあるか、なども解決できる。
alternative solution はないのかと考える癖。それはGoogleの翻訳を使う。英語のマニュアルを部屋に置いて、それを読んでもらう。別に口頭で伝える必要はない。
・小柄である。これは食事をサーブするときには小さい方が狭くても大丈夫で、周りの人の動線を潰さないですむ。


こんな風に自分の能力とそれに対する成果を表にすることができる。これが強羅館における、自分の強みであるだろう。
僕たちはチームだ。シナジーは一人では起こせない。だからみんなの強みを生かして弱みを捕捉し合うそんな相互依存の関係性がベストだと思う。

 

じゃあ自分の弱みはどこか?

 

そしてそれはなぜ弱みになるのか。努力して改善はできるのかできないのか?

1.クソみたいな日本語力。僕は全く言葉遣いがなっていない、特に敬語がなっていない。日本の文化的にも年上を敬うという本質が言葉に反映されているのだ。まあ難しいけどがんばろう。努力して改善可能。
2. まだ強羅館にきて、3日目。仕事がわからない。指示待ち人間?

 

将来人を雇う時が来るので、新人の気持ちをわかるためにも記録しておく。僕みたいな新人にとってムカつくことは複数の上司が異なる指示を出した時だ。どっちに従えばいいかわからなくなる、solutions-そんな時は身分を尊重する。そして、女将さんには布団上げだけでいいよって言われたんですよって、上司2に伝える。そうしたら黙る。笑
→solution .とりあえず覚えよう。焦らなくていい。焦るのではなく、心を落ち着かせて、一つ一つちゃんとこなしていく。そうすれば何事もうまくいくと信じてる。

よし、とりあえず強みと弱みを把握した。こうやって、文字化するのは素晴らしい革命が頭で起きるし、スッキリする。

 

シナジーの話に戻るが、そんな風に強みみんなが自覚することが大切。一人一人が。自分には何ができるのかを自覚する。

 

僕たち強羅館が生み出してるのは give happiness だ。これがビジネスの本質だと思っている。外国から日本にきて、僕たちの旅館に泊まって頂いて、あーすごい良いところだったねと人生がより豊かになって良い思い出、冥土の土産になって欲しいというバイト3日目ではあるけれどそんな企業理念を自分なりに持って毎日働かせて頂いている。


そのミッションを達成するために僕らが一致団結しているのだ。だから、板前さん、女将さん、フロント、配膳も全てがチームであり、一つのゴールに向かっているのだ。そして、全てに流れがありそのgive happiness のバトンを回している。そのバトンは僕たちチームに一つ一つ丁寧に手渡してリレーをしているような感覚だ。え、なんだって?優勝したらトロフィーはもらえるのかって?答えはyes だ。トロフィーはお客様のありがとうだ。

 

そのために僕らは幸せのバトンリレーをしているのだ

 

そんなこんなで、自分の考えを言葉にして、書き下ろし、世界とシェアする。てとても素晴らしいことだ。ブログって悪くないね。

・次は強羅館の強み社員さん一人一人の強みを分析していこう。僕らは一つだ!!


Blog mission statement
このブログにおいては見栄を張らず等身大の自分を発信していきます。目的は自分がどんな人間かというのを知ってほしいからです。


どんな職場がいいか??
自分が持ってる能力や強みを最大限に発揮して、伸び伸びイキイキと働いてほしい。決してYさんにビクビクしながら萎縮しないでほしい。

ゆるいひとりごと①

"僕ノート"と呼ばれる自分の人生ジャーナルを僕は書いている。それは普段あまり人には見せてない、僕の頭の中を文字というツールを使って自己表現している。誰かに見せるために書いているわけではないので、理解できないところはご理解いただきたい。

1/1/2018

f:id:y_a40339:20180101205907j:image
ミシュラン3ヶ月本→女性が握る!!鮨 千陽。飲食のブラックの受け皿に。
→①女性いない、男性優位
②理不尽な修行の長さ。
おかしいことはおかしいと言える人間に。
自分メディア。飯炊き3年ら握り8年。
その料理にまつわるストーリー。生産者の方の苦労など。メニューが小説チックでもいいのでは?→店は小さくする。予約の取れないお店
→メニューは3つ。3000円、6000円、9000円。のみ。ビップルームを用意する。常連様は。スタッフにはお金を渡して、上手い店行ってこい。一見さんお断りでやろう。会員制で。最初と最後の締めを。ネット販売やりたい。接客サービス。
・鳥は世界どこでも手に入る。寿司屋のとなりに鳥専門店をオープンさせる。日本人レストラン街を作る。
一般的に食材原価30.人件費25.家賃10.利益10を目指す。→そこにネット販売、不動産経営で売り上げを上げる。それにプラスして、自分メディア。でコンテナは広告みたいなもので、そこで利益はとらない。マネタイズはそこからのネット販売か、動画コンテンツ。〇〇で英語を学ぶ。つまり料理を通して外国語を学ぶと言うこと。
問題→キャリアアップか難しい。
素晴らしい気づき→寿司は火を使わない。寿司と日本酒のみで勝負しよう。
問題→鮮度が命の魚。それをネット販売したい。酒はできる。デリバリーシステム。→ピザ。あったかくしたり、冷たくする温度管理はできる。揺れ防止もできるのでは?
魯迅曰く、食器は食べ物の着物。だから食器ビジネスもやる。アルケミストのダイヤモンドのくだり。建築の知識は必ず生かせる。勉強した分だけ、ビジネスに生かせる。こんなに面白いことはないで。、おもてなしはホテルで学ぶ。キッチン用具商社もありやね。あと食器。これか、デリバリーのブレイクスルー転がれば転がるほど良い。本屋さんはアイディアの源泉だ。ピアノを置いて、それを弾きながら寿司を食べるなんてどう??[ ][ ][ ]そしてその人には未来食堂的に一日、働いたら高級寿司食べてもらう。f:id:y_a40339:20180101212200p:imageすスクショしたらあげれるわ。

 

 

ゼロ。なにもない自分に小さなイチを足していく。/ホリエモン/ 本が人と人を繋ぐブックラリー➁

 

僕が尊敬する1人、ホリエモン

数年前の僕がホリエモンに対してのイメージは、インターネット詳しくてお金が好きで、なんか悪いことして警察に捕まった人。そんなイメージだった。

 

しかし、最近YouTubeホリエモンの本を通して、すごいおもしろいことゆーなーとか、お偉いおじさまに対して、その考えが古いんですよ!!ってストレートに言う姿が、自分にはできないなあと思ってしまう。たとえば、国会かなんかの会議もわざわざやるな、時間の無駄でしょみたいな発言してたり。半分以上寝てるじゃん、みたいな。

 

要約: この本を通して、ホリエモンという人間の本当の部分がわかる。決してメディアがとりあげてるホリエモンとしてではなく、1人の男、堀江貴文としてだ。不器用な男が飾ることなく、素直に自分の言葉で僕に語りかけて、そして信頼・応援してくれた、そんな本だ。

 

そして、このゼロを読んで僕は2回も泣いた。

それは自分の家族と重ねて読んでいたからだ。

 

僕は母と父、祖父母、妹、兄貴という家族がいる。どこにでもあると思う、母は主婦、父はサラリーマンを以前していた、妹は現在大学一年生、兄貴は東京のアパレルの専門学校に通いながら写真の仕事、僕は関西外大の4回生だ。

僕は1995年生まれ、11/15誕生日。今年22歳だ。妹は3つ下、兄貴は3つ上だ。まあどこにでもあるような家族だ。

けれど、実家にはいま母と父だけだ。兄弟はみんな一人暮らしをしている。

僕は中学生の頃夢があった。

それは一人暮らしをすることだった。

その頃はどうぶつの森が大・大好きで、自分だけの家を作って、好きなことをやる生活が大好きだった。魚の影をみつければ、魚を釣って、空に風船がみれば、パチンコで撃ち落とす。

何か、果物を育てて果実を得て、それを売る。それを売ってさらに大きな家を買う。大好きな、絵画やインテリアで大きな家を飾る。あんまりログインしてないと、雑草に騒ぎまくったり、ゴキブリを足で踏み潰す。

なぜだか、リセットさんにガミガミ怒られる、そんなどうぶつの森が好きだった。

 

そんなどうぶつの森のように自分だけの家を作りたいとずっと思い描いていて、中学生のころはファッション系とインテリアの雑誌をよく買っていた。大学では夢の一人暮らしをするからこんな家にしようかなと目論んでいたのだ。

 

話がすごい脱線したけども、僕ははやく一人暮らししたかった。それは家族の元を離れたいというか、家族自体へのいらだちも少なからずあったと思う。僕の反抗期はすごい長かった。今も終わってないような気もしないでもない。

 

僕は親に愛されて育てられたのだろうか?という疑問がよぎったことがある。

答えは Yes だ。両親は愛情を持って育ててくれた。特にこれをしろ!!とガミガミいうようなよく聞く親ではなく、雄二の好きなことをやりな!!と一歩下がって優しく見守ってくれたそんな理想的な親だと思う。

けれども、何かわからないけれども、本当に愛されてたのか?というのに対して多分。という曖昧な返事をしてしまうというか、100パーセントで返せない自分がいた。なぜか確信まではいかないのだ。

 

けれど、いま確信を持って言える、yes と。

それを裏付けるエピソードが、僕はいま京都でシェアハウスしているけれども一年に一回ぐらいのペースで実家に帰る。その時は必ず100パーセント母と父が迎えにきてくれる。100パーセントだ。

 

すごいちっぽけなことだけど、僕にとってはとてつもなく大きいことのように思う。そう、言葉では愛してるよ、とは言わないんだ。人間って不器用なんだ!!!!それがわかっただけで、心がすごい軽くなり、カフェでなぜか泣いてしまった。いままで少なからずあった猜疑心というものが消えて安堵したからだろうか?そんなかけがえのない経験を出来たのもこの本のおかげだ。これからも家族という世界に1つだけのものを大切にしていきたいって初めて正直に思った。この本と出会ってすごい良かった。やっぱりホリエモンが好きだ。不器用で人間味溢れる堀江貴文が好きだ。ちなみにこれが泣きながら殴り書きしたボクノートだ。

f:id:y_a40339:20171006182427j:image

 

 

この本ではホリエモン含み両親も不器用なのだ。ホリエモンの家では家族旅行は人生で一回だけ。授業参観には絶対こない。なにか、一見愛されてないんじゃない?って僕なら感じちゃうんだけど、ただ単に両親は愛情の表現方法がわからない不器用でいかにも人間らしい両親だったんだと思う。

 

 

本の話をするつもりだったけど、かなりパーソナルな話をしてしまった。

 

知識が世界を変える・本が人と人を繋ぐbook path。として、この本をあなたの元にプレゼントします。何か自分なりの新しい気づきがありますように、そしてそれがあなたを世界を豊かにしますように。ラインでもフェイスブックでもなんでもいいので、コメントお願いします。

 

ーちなみに前回の本は京都在住の男の人に届きました。ー

 

 

 

 

世界を変えたいー僕なりのやり方。

 

何か夢ありますか?

 

そう聞かれて、僕はこう答える。

 

世界というフィールドでなんか知らんけどデカイことしたい!!!!

 

でもやり方ってのはなんもなくて、ただ夢っぽいことを熱く語ってる何もわからない子供です、すみません。

 

うーん、ほんならどうやったら、どのように世界を変えたいのだろうという質問を自分に幾度となくしてきた。

 

イデアはたくさんボクノートに書いているのだが、今日はその一部を公開したいと思う。特にどこを変えたら世界にビックインパクトを与えられるかという点について話したいと思います。世界をより良くしたいという熱い人に届けばいいなと思っています。

 

じゃあまず世界ってそもそもなんなの?って質問から始めたいと思います。

 

世界ってなんやろ?うーん、世界の構成要素ってなんだろう??

 

国連とかの世界会議を思い浮かべてください。

世界会議には世界の偉くて頭良さそうな人が集まりますよね。

 

だからまず、世界はたくさんの国から構成されています。190カ国よりも多いね。

➀まとめ:世界→たくさんの国でできている。

 

じゃあその国っていってもまだ大雑把だから、え、ほな、国って何で出来てんの??

 

日本という国を例に出しましょう。

日本だけではないですけども、日本の国というのは社会(世の中の仕組み)がありますよね。社会と関わりなしに現代の人は生きることができないと思います。なぜなら、ヒトは社会に守られていて、何をするにも外の世界に出なければなりませんよね。食べ物を買いに行く、学校にいくなど。

まとめ➁国は社会でできている。みんな社会とつながりあるよ。

 

じゃあその社会って何でできているんだろう??

 

答えは家族です。1つ1つの家族がたーくさんあつまって(1億人2300万) 、日本の社会というのが出来ているんですね。

まとめ➂: 社会→家族でできている。

 

じゃあ、その家族は何で出来ているか?

それはみなさんもわかりますよね?

お母さん、お父さん、じぃちゃん、ばあちゃん、兄貴、妹、自分などです。

まとめ➃: 家族は自分と両親らでできている!

 

ほんならその家族の一員である自分というものをより良い人になるということが大切なんだと思います。

 

全てのものは伝染すると思いますので、たとえば笑顔の人がいたら自分も笑顔になるし、すっごいくらーーい人がいたら、ちょっと気分も暗くなりますよね。まとめると、

 

自分が変わる→家族が変わる→社会が変わる→国が変わる→世界が変わる。

 

ビジュアル化すると、

 

f:id:y_a40339:20171005165947j:image

 

ですからまずは自分がより良い人間になるということが、世界をより良くする第一歩なのだと僕は思います。そして、自分がより良い人間だと、周りの人もあーこんな人になりたいなあと、絶対に影響をうけます。

そんないい影響のサイクルが世界にまで届いて欲しいです。

 

だから僕はいまほんなら、自分がより良い人間になるためにはどうしたらいいかということを知ろうと儒教に関する本や、ギリシャの哲学を読んでいます。

 

 

ゆーちゃんでした。でわまた^ ^

 

 

ラテン➁アステカ人の習慣:ヒトは生贄に。

Hola どうもゆーちゃんです。

 

生贄ときいてどんなイメージを浮かべますか?

 

うー、なんか怖そう。え、そーゆー宗教っぽいの無理なんやけど!!

 

という人もいるとは思いますが、古代アステカ(ゆーてもここ700年前の話)では生贄を捧げるという習慣がありました。

 

f:id:y_a40339:20170929213023j:image

 

 

え、まって生贄ってそもそもなんのためにやるの???怖いし意味わかんないんだけど。 

 

生贄をする理由は一言でゆーと宇宙の秩序を守るためです

 

は、何いってんの??

 

というのも、世界がどうできたか、という神話を理解するのが1番の近道です。

 

太陽と月の創生神話

→そこには暗闇だけがあった。神々がみんなで集まって、誰かが太陽と月になりーや!という話し合いをしていた。それに抜擢された2人の神が決まった。1人の神はチキって炎に飛び込めなかった。もう1人は勇敢に炎に飛び込んだ。天に昇り太陽となった。チキった神が遅れて炎に飛び込んだ。2人の神は火の玉となり天に昇ったが、同じように輝いていたので、ある神がチキンな神の顔にウサギを投げつけた。その時から月の光は薄れ、表面にウサギの痣ができた。しかし、月も太陽もピクリと動かない。そこで風の神・ケツァルコアトルは他の神々を殺して命のエネルギーである血を与え、そして風を吹いて動かした。

 

f:id:y_a40339:20170929214213j:image

 

この神話の中では神の犠牲によって、この世界が成り立っている。だから、宇宙の秩序を守るために、我々人間も見習って人間の血を捧げなければならないのだ。

面白いのは日本人も月にうさぎがいるよー、と教えられるが、地球の裏側、古代アステカの人たちも同じように考えていたことだ。なんか少し嬉しい。

 

ではどのような人が生贄となったのか? 

 

敵を生け捕りにして生贄に捧げていた。敵をあえて殺しはせずに、生きたまま捉えてそれを生贄としたのだ。当時の戦争を 花の戦争とよぶ。なぜかというと、戦士は神聖なジャガーの皮、わしを見にまとい美しい姿をして、それが散り落ちる花のように倒れたからだ。

f:id:y_a40339:20170929214808p:image

 

 

 

ってな感じで自分が好きなこと・学んでいること・興味があることをどんどん記事にしていきます。なんでもコメントしてねえ^_^

 

 

 

 

ラテン➀コロンブスはクレイジー。

 

どうもこんばんわ、ゆーちゃんです。

さて、みなさんラテンアメリカと聞いて何を思い浮かべますか??

 

うーん、地球の裏側らへんの国だとか、踊りが好きそう、情熱的な人が多そう!!などといったイメージがあると思います。

 

場所的にはここらへんです。

 

f:id:y_a40339:20170929205956j:image

ラテンアメリカとはアメリカ大陸のアメリカをとカナダを除く、33の国家と非独立国家のことを指します。

 

そんなラテンアメリカの中でもメキシコではトウモロコシが主食で、タコスやタマレスといった食べ物が有名です。

タコス↓

 

f:id:y_a40339:20170929210216j:image

 

 

そんなアメリカ大陸はクレイジーなコロンブスに1492年に発見されました。 

なぜコロンブスがクレイジーかと言いますと、当時の世界では地球というのは平たい大地だというキリスト教の教えが普通だったからです。

ですから、海を渡って行くとその先は下に落ちてしまうと考えられていた。like this.

f:id:y_a40339:20170929210653j:image

 

ですから当時のコロンブスは船を渡ってインドを見つけようとしたので、まさにこのまま真っ逆さまに死んでしまう可能性もあったのです(今の常識ではありえない)。

 

成功者や偉人といのは当時の常識からは一脱した考えをもっているのかな〜、何かそんな共通点を感じます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

一蘭ラーメンフォトコンテスト入賞

どうも、ご無沙汰です、ゆーちゃんです😆 

ブログいつも見てるよ〜って言ってくれた人本当にありがとうございます。

そう言って頂けると、ものすごく嬉しくて頑張って更新しよう!!って気持ちになります。その反面、ああボクの私生活バレてる恥ずかしいなんて気持ちがあります。(←ほななんでブログやってるん)

 

さて、この度はな、なんと一蘭のフォトコンテスト入賞したのであります!!!

 

一蘭の天然豚骨ラーメンが前から好きでよく食べにいくのですが、その時もインドネシアの友達と2人で食べにいって、フォトコンテスト募集!の紙を見て、お、おもろそう。ということで、なんかおもろい写真とりたいなあーーーって考えた結果、

 

よし、この広いデコを有効活用しよう!!!

 

という謎の発想にたどり着き、広いデコに大きいラーメンの器&(こんな写真をちゃんとみてくれる一蘭の方々の器の大きさ)を表現しようとしました!!!

 

こちらが入賞し写真です

f:id:y_a40339:20170924002417p:image

 

 

 やっぱり何事も楽しみながらおふざけ半分でtry することが大切なんだなと学びました^_^

 

ほんで景品は一蘭ラーメンのインスタント5食です。 スープが一蘭っぽい感じが出ててインスタントにしてはめちゃくちゃ美味しかった。でもやっぱりお店の味には勝てないよね😆

こちらが商品と届いた書類。

 

f:id:y_a40339:20170924010637j:image

f:id:y_a40339:20170924010713j:image

 

一蘭に興味ある方は、フォトコンテストのページ貼っておきますね!グランプリの写真の二歳児めちゃくちゃ可愛い、そしてこのお父さんさんの子供を暖かく見守ってる感じも好きいいい😍

 

https://ichiran.com/event/photocontest2017result.html

 

では、みなさん毎日おつかれさまです!

こんなボクのブログ読んでくれていつもありがとう。